ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室?作り


↑画像保存の日付は2005年2月となっている。
前のカメラのにしてもひどいな(笑)
一応ポンポン菊と、ものすごくわかりにくいけど中央に5弁のビデンスが写ってます。
一応、本格的に園芸やりだした当初はこういうのをやっていたという記録。
キク科は何種類かを数年間回転させて、今年の初めに飽きました(笑)
あ、春に紹介したマーガレットもキク科だけど
結局2株とも夏越しできんかった。

みなさんそろそろ冬支度追い込みのようで。
うちも先日、時間ごとの天気予報をチェックしたら
そろそろ夜中には5℃を下回っていることに気がついたので
あわてて部屋に取り込めない奴らを保護いたしました。
といっても
段ボールに3~4こずつ鉢を詰め、隙間に新聞紙を詰め、
筒状またはペラ状に切った大判の、普通の食品用の透明ビニールを2枚重ねで覆うという
「温“室”」などと呼んでは指さしてあざけ笑われそうなしろものではあるが。
まあうちではこれが限界です。
これで冬越しできないものは、以後手を出すなという教訓と受け取るしかない。
なにしろベランダが、室外機と洗濯機と排水スペースと全部あわせても2畳ぐらいしかないので。
むしろ、そんなクソ狭い場所で他人様に売れるほど多肉を繁殖させているというのは衝撃の事実かもしれない(笑)

ちなみに去年までは、もっと手を抜いてここまですらしていなかったので、
10年ほど前 自分が初めて枝挿しから根出しに成功して、
樹高50cmほどまでに育てた“初多肉”である「金のなる木」を
一晩にして全身とろかしてしまった。(かろうじて枝先だけ数本救出して再生中)
今年は寒さに弱いと聞くユーフォルビアや兜がわっさり増えたので、
ちょっとまじめに寒さ対策に取り組んだつもり。これでも。
それにしても、やっぱり写真をweb公開なさるような方は
皆さん立派な温室をお持ちでやんすねい。

20061206093802.jpg

こんな写真も出てきた。雪割草。
交配種は目ン玉飛び出るような値段がつくが、これは100円かそこら(笑)
けっこうほったらかしでもパカパカ咲いたので長持ちさせたかったが
やっぱり夏越しできなかった。

20061206093826.jpg

こいつだけがやたら元気。春夏よりも花でかいし。
クリーミーイエローのほうはだめかも。株自体の寿命かもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/64-eeeae2c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。