ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ころも替え
春もの1年草の処分を始めています。
写真をぜんぜんお見せしないうちに枯れてしまったので
いそいでまとめてアップ・・・といきたいとこだけど、
そうしている間にも新しい花が次々咲くので集中できない(笑)

まずは花かんざし。

20060601154849.jpg

花かご状態の全体像の写真もあったはずなんだけど見つからない。
この花は、気に入ってここ3年ぐらい毎年植えてます。
最初に買った苗の札に「ひとつの花が2か月ぐらい咲き続ける」とあったのが
わたしが1年草にはまるきっかけとなりました。
それまでは「シーズン終わるごとに抜いて捨ててなんてやってられっか」と思って
多肉と花木にしか興味がなかった。
これ、花終わってもいつまでも葉が茂っているので
最初は「もしかしたら夏越しして来年もいけるかも」とか考えたんですが(笑)
さすがにそれは無理で、毎年100円ぐらいのを買ってます。
100円で秋から初夏まで楽しめるっていいよね。

20060601155609.jpg

次はビオラさん。
パンジー&ビオラのたぐいは春先町中にあふれてるので
自分でやろうとは思わなかったんだけど、
去年秋の「園芸ガイド」という雑誌に、小さいポット苗のビオラ1株を
デカ鉢いっぱいの大株にする方法というのが載っていて、
それがやってみたいというだけで手を出しました(笑)
で、挑戦の結果がこれ↓

20060601155638.jpg

もっと土が良ければあふれ出すほどになったと思うんだけど
まあ初めてにしては成功。鉢は25センチぐらい。
こいつけっこうわがままで、肥料が切れるとすぐ花の色が抜けてしまう。
でもかなり長い間いろいろ世話して楽しかったです。
来年もまたやりたいから場所確保しとかなくちゃ。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/31-15970336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。