ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーフォルビアの地味花たち(笑)
江青玉花1

寄ると逆にピントが合わなくなるぐらい小さい
サボテン型ユーフォルビア「江青玉」の花。
・・・え?花でいいんだよねこれ?(汗
調べもせずに書いて急に不安になる奴(笑)

江青玉1

本体。3号鉢なのでそんなに大きなものではないです。
サボテンにしか見えないけど分類でいうと違うのよね。

ちなみに「サボテン」と「サボテンじゃない多肉植物」の違いの定義は
トゲの根元に「刺座」というフワフワがあるのがサボテン、ないのがそれ以外
だそうですよ。

この手のずんぐりした地味花ユーフォルビアも、一時期好きで集めていたんだけど
どうにも世話がうまくなくて、1つ消え、2つ消え、
今ではこの江青玉ひとつだけになってしまった(涙
つい数か月前までは、もうひとつ「オベサボンテン」という
妖怪のような笑える形状のやつが生きてたんですが、
長雨の後、目を離した隙に死んでしまいました・・・
しかも、こういうのにかぎって写真を1枚も残していないという(泣

・・・植物に「追悼」なんていうほどおセンチな人じゃありませんが
この機会にでも出さないともう永遠にお目見えしなさそうなので、
過去に撮った他の品種も載せときますね。

貴青玉花1

これまたピントがどうしても合わない「貴青玉」の地味花。
見つけたときは、虫がついてるようにしか見えなかった(笑)

あ、2011年て打っちゃってるバカだな・・・
本当は2007年の撮影です。

貴青玉1

わかります?
生長点の右上あたりから花がにょきっと出てます。
あと生長点のすぐ左にも、出たばかりの花芽が。

貴青玉3

江青玉とくらべると、刺というか枝が枝分かれしたりしていて
かなり節操無い感じ。
形も扁平ですね。

貴青玉2

あと子株のつき方も違うか。
↑こいつ、海辺とかにいる謎の虫みたい。
後ろ向いた隙にワシワシ歩いて逃走しそう。

笹蟹4

「笹蟹」。
葉っぱがついてるやつはシュッとしてかっこいいなあ(笑)

笹蟹3

これは・・・花じゃなくて刺の新芽?だよね。
葉の新芽も出てるので、葉が刺に変わるとかじゃなくて
最初から別物だとわかりますね。
これの花は見たことありませんでしたが、花も咲くとしたら
本体から3種類のものが出てくるのか・・・
そんなにこまかく使い分ける意味あるのかと(笑)余計なお世話なことを考えてしまう。

笹蟹2

上から。
ていうかこの写真、右にクラッスラの玉椿が写ってる!!
これも、何度も苦労して入手しては枯らし・・・であきらめたんだったなあ(涙

こういう地味植物(笑)ほど気長に観察するとどんどん面白くなってくるので、
また機会があったらぜひ集めたいですね。
あ、もちろん次回は枯らさないように!



◆ブログランキング参加中!よろしくおねがいします◆
1パソコンから1日1クリック有効

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/274-ffb576ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。