ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センペルビューム/フランクレイネルトの子吹き
フランク子吹き0510

はい、これはなんでしょー(笑)

うちでは唯一、ランナーで子吹きをしない珍しいセンペル
「フランクレイネルト」。
下葉が枯れて首ばっかり伸びてきてしまうので、数年前に一度
思い切って首を切り、茎だけになったほうもなんとなく捨てずにとっといたら
忘れた頃にぶつぶつチビ芽を吹いてまして。
「ああ、オマエはこうやって殖えるんだったのか」と(笑)

そのときは残念ながら、収穫に至る前に茎ごと枯れてしまったんですが
また伸びてきたので今年ふたたび切ってみました。

↑この写真ではすでに子芽がロゼットの形をしていてかわいい(?)ですが、
出始めはほんと気持ち悪かったです(笑)
あれにそっくり。

鼻のわきの毛穴からにゅっと出るアブラ

・・・ネタとしてはぜひともその状態を撮っときたかったんですが、
つい忘れてるうちに1~2日でこうなってしまった。
出るまではけっこうかかりましたが、出始めたら成長早い。

しかしこんなにいっぱい出ちゃって、全部育ってきたら
ギュウギュウではずせないんじゃないの?と心配してたら
案の定、1週間後↓

フランク子吹き05171

あっというまに見事なアフロに(汗

フランク子吹き05172

しかしまだ単独で生きていけそうな大きさじゃないし
(アップで見ればひとつひとつセンペルの形をしてますが、
この時点ではまだ直径5ミリほどです)
まあ、人為的に間引かなくても自然淘汰されるかもしれない・・・と
さらに2週間ほど様子見。

フランク子吹き05301

今日の状態。
まだ雨降ってたので室内撮影。
というか、さすがに収穫したほうがよさそうだったので(笑)
じっくりやろうと室内に持ち込みました。

じつは2日ほど前にすでに2個だけ、端のほうのをはずしてみてるんですが
きれいにポロリと取れたし、土の上に置いといたらちゃんと落ち着いたようなので。

フランク子吹き05302

大きそうなのをピンセットで間引いて収穫。
何が大変て、ぎゅうぎゅうすぎてどっからどこまでが「1個」なのか判別できない(笑)
それでもまあ、ほとんど葉を落とさずに取れました。
残りもまた大きくなるのを待ちます。

フランク子吹き05303

だいたい直径1センチ内外。
なんと、茎から生えてた状態ですでにチビ根が出ているものも!

大きいのを狙って取ったつもりですが、やっぱりいくつかは
小さいのもつられて取れちゃいました。まあ全部育つとは思ってないのでよしとする。
しらす干しが入ってた発泡トレイにサラ土を入れて並べて
霧吹きで水をやっときました。根が出るまでは数日この状態で室内置き。

親株の記事はこちらにあります。
そう、これけっこう大型なんです(笑)
こんなチビ芽からはたしてあの大きさまでちゃんと育つのか、楽しみですね。


◆ブログランキング参加中!1パソコンから1日1クリック有効◆
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/272-e00ab461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。