ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神代植物公園・多肉フェア2011(その1
秋にしかやってないと思ってたんですが、
たまたま自分が多肉の整理を始めて多肉熱が復活しまして(笑)
ネットでもいろいろ見るようになって、それでやっていることに気づき。

GWに入ってどんどん天気が悪くなってしまったので迷いましたが
結局3日の午後に行ってきました。

・・・のですが

そうだった。
最初のほうの日に行かないと、売り物のほうでは
面白いものがなくなっちゃうんだった(汗
まあ、かなりのマニアな方々がかなりのマニアの方々のために出品されているので
売り物といってもわたしが手が出るようなものってほとんどないから
わたしにとっては売り物も非売の展示品もほぼひとしく
観賞対象でしかないんだけどね。

節電中?のハウス内な上、温室に入って間もなくものすごい豪雨にみまわれ
どう見ても撮影向きな照明でなかったので
いつにもまして画像が悪いですごめんなさい。

ガステリア1

さて
フェア会場に入るといきなり巨大ピランシーさんがお出迎え。
この姿ってなんか、怪獣ショーの着ぐるみを思い出すのはわたしだけですか。

ガステリア2

ガステリアはあいかわらずそんなに興味が持てないんだけど(笑)

でかい臥牛を売ってた販売員のおじちゃんに、せっかくなので
「うちの臥牛は伸びた葉が垂れ下がってきて鉢のフチを抱え込むので難儀してるんだけど
そうならない長さで葉の成長を止める方法ってなにかあるの?」
と聞いてみましたところ。
「そうなっちゃうのは血統なのでどうしようもない」
とのこと・・・
そうだったのか!
左右対称のきれいな形の臥牛って、なにか工夫して仕立ててるのかと思ってたけど
そうではなくて、何百何千と増殖させたうちの
きれいな形に育つ奴の血筋をとって培養してたんですね!
いや、それはそれでそいつを選び出す苦労っていうのはあるわけだけど。

うちの臥牛は単純に「実物が見てみたい」というだけの興味で
二束三文で大量に売り出されてたやつをゲットしてみたというしろものなんだけど、
道理でああいう値段で出てたわけだわー(笑)
知識がある方々は、「ろくなもんに育たない」ってわかってたわけねー。

丼ハオ1

さて、
JSSの例会で実物を見て以来、だいぶ興味がある
巨大丼ハオルチア。
これもきっと血筋だよね。
「大きくなる系の名前のヤツ」っていうのはある程度あるようだけど
その中でも特に巨大になった子を増殖させていくわけですね。

っつってもこの鉢単品ではいまいち大きさ伝わらないか?

丼ハオ2

裏がヒスイみたいですげえきれい。
しかしここまで肉厚になっちゃうと、枯れた下葉とかどうやって抜き取るんだろう。
カキ子もかなり大変そうだ。

ユリ科はこれだけですごめんなさい。
なんせカメラのデータに限りがあるもんで
今回はあえて「でかいやつ」に限定してみました(笑)
他の品種はまた後日。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/259-27cb1d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。