ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植え替え作業
20060521123813.jpg

この間書いたカランコエ(子宝草というらしい)と朱蓮で作った寄せ植え。
けっこう見た目のバランスはいいと思うんだけど、
冬型と夏型混植はやっぱり良くないだろうか。
センペルは単独植えのほうが殖えるみたいだし。
まあ、今のところべつに調子が悪いという様子もないので
もうしばらくはこのままで。
子宝草の子株が、持って帰ってくるときと植え替えのときにボロボロとれてしまったので
挿し芽用土に置いといたら、もう根が生えてる。

せっかく天気がいいので、あれこれ気になっていた植え替えをしました。
寄せ植えにしていた十二の巻が、いつのまにか子株を2コつけて
だいぶ大きく育っていたので、あらためて寄せ植えに使おうかと思い
切り離して、ついでに本体も単独植えに戻しました。
あと他の多肉も、あまりにぎゅうぎゅうの小鉢に詰まって売られていたものは
少しだけ大きめのポットに移したり。
こういうのも、ほっといても大きくなったり殖えたりするものもあれば
世話を焼いてやらないとずっとそのままというものもあって
そこらへん少しは頭を使ってやらんといかん、
ということがようやく最近になってわかってきました(笑)

あと、室内に置きっぱなしにしてたオリヅルランが
もう根鉢がぎゅうぎゅうなんじゃないかなあ、とずっと気になっていて
今日思い切って掘り出してみたら、想像以上にすごいことになっていた。
焼き杉でできた樽型のミニ鉢に植えていたのだが
根が食い込みすぎて、もう少しで鉢と同化するところでした(汗
オリヅルランはほんと油断できない。
よせばいいのに4種類も持ってるし(笑)

そういえば、2か月ぐらい前に植え替えしたアスパラガスが
植え替えたとたん地上部が干からびてきまして。
もう3年ぐらい育てて、最初買ったときからすればおそろしい大きさになっているので
(10センチもない“ミニ観葉”という状態で買った。この冬に出た最大の株が、長さ約40センチ・・・)
もういいかなあ、と思ってあきらめていたんですが
今日見たら、新芽がじゃんじゃん伸びていました(汗
・・・殺しても死なんのかキミは。
毎年掘り出すたびに、地中にみたらしだんごくらいの塊根がじゃらじゃらできているので
思い切って3~4コだけ残して切り取っているんですが。
長年丈夫でいてくれて、嬉しいような、迷惑なような。

今アサガオが発芽しているので、
もう少ししたらチューリップを掘り出してプランターに移す予定。
明日は天気が良かったら、朝一番で出発して
バラ園を見てこようと思ってます。
平日に天気を見てから動けるのは自由業の特権。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/21-b0e36804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。