ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプルセオリバー(紅輝殿)
スプルセオリバー(紅輝殿)

う~~~ん
これが1輪につき5センチぐらいある花だったらねえ。
さぞアレンジ材料としてもてはやされたことだろうにねえ。
花屋の店先に咲いていたとしても、おそらく100人中98人ぐらいには見過ごされてしまうであろう、1センチ足らずの小さな小さな花。(ちなみに昨日のも。)
こんなに鮮やかな色であるということにすら、写真に撮ってパソで画質調整して初めて気づくほど。
やはり皆さん、これ系の花はどうしても本体にピントが合ってしまって
撮るのに苦労されてるようですな。

スプルセオリバー(紅輝殿)

これも、思わせぶりクイーンの(笑)エケベリアらしく
あまりに↑この状態が長かったので、場つなぎに使えるかもと撮っておいた。
ちなみにつぼみの写真の日付が5月14日、開花写真は5月27日だと。

スプルセオリバー(紅輝殿)

本体。細葉タイプのエケベリア。
1年通してあまり葉の色は変わらず。
けっこうじゃんじゃん下葉を落として首を伸ばしていきまする。

これのもっと毛深いタイプで「紅輝炎」というのがある、
と書こうとしたのだけど、今調べていたら
もしかしたら個体差の違いだけで、元は同じもの??という気がしてきた・・・
スポンサーサイト

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dokupara.blog32.fc2.com/tb.php/148-d9864e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。