ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄麗
黄麗1

久々に多肉。
黄麗だか銘月だかわからないもの。
「銘月」名で入手したのだけど、写真等でみるかぎり銘月はもっと細葉っぽいし、
買ったところと別の店で見た銘月の実物もこれと同じものとは思えなかったので、
出品のときとかはもう「黄麗」で出しちゃってます(笑)

黄麗2

丈夫だし落ちた葉からもどんどん殖えるので、
今まで特に採り上げる気も起きなかったのだけど(笑)
ふと見たら、うっすら紅葉したりなんかしちゃってなかなかきれいだったので。
この株は、元々ヤフオクで買い手がつかなかったものたちで
じゃあもうどこまででっかくなるか見てみよう!とまとめておいたもの。
頭を取るとすぐ脇芽が出るけど、切らずにいると上にばかりどんどん伸びます。
最近やっと、落ちた下葉のところから脇芽が顔を出してきた。
1年後にはどんな姿になっていることやら??


スポンサーサイト

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

ゴーヤ
ゴーヤ9

はい、どうにか無事収穫。
前回記事の最後の写真のやつです。

店で売ってるやつの色や肌の質感の記憶をたよりに、
黄色くなっちゃったやつの記憶とも比較して
「たぶんこれでギリギリかな~」という日に穫ってみました。
なにしろこんなちっちゃいからさ(笑)

ゴーヤ10

天気の悪い日だったのであんまりきれいに寄れてないな~。

この間何かの番組で、九州のある地方での定番の食べ方として紹介されていたので
薄切りにして、湯通ししておひたしで食べてみた。
緑の鮮やかさも、歯ごたえも苦味もバッチリ!!
ゴーヤとしては、たぶん充分おいしかった(笑)
(いやまあ・・・ゴーヤのあの味自体、手放しでおいしいとは言いがたいからさあ)

上のほうはまだつるが伸びてるけど、もう下葉は枯れて汚いので
とりあえず茎を根元からカットして、ほうぼう空中へ伸びてるつるだけ処分しました。
ネットに絡んだのを全部はずすのはめんどくさそうなので、完全に枯れるまで待つことに。
ひと夏楽しませてくれてありがとう。
あさがおはまだじゃんじゃん咲いてるので、
まだしばらく残暑気分は続きそうですが。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ゴーヤ
ゴーヤ1

撮ったど~~~!!!

・・・というか、育てたことのある方ならおわかりでしょうが
遅すぎました(涙
色付き始めたらあっというまだということは知っていたので
かなり気をつけてはいたのですが、ほんの1日、目を離したすきに
黄色くなっちゃいました。

それでも、まだ上半分は青いから食べられるかな??
と思ったのですが・・・

ゴーヤ3

穫ったど~~~!!!(もういいって)

・・・手に取ってみたらけっこう上のほうまで黄色かった。残念。

ゴーヤ4

ま、せっかくだからこういうことをして遊んでみる(笑)
デジカメってものができてよかったなあと思う瞬間ですな。

穫っちゃったからもうこれ以上熟すこともないだろうし、
腐るまで観賞して捨てるだけかなあと思いつつ
1日置いといたところ、

ゴーヤ5

24時間後。なんと、こ~んなに黄色くなってました。
木から離れても尚この成熟具合い。
キュウリやトマトじゃ、もいだやつを1日2日置いといても
こんなに進まないよねえ。

ゴーヤ6

せっかくだからこれも寄っとく(笑)

・・・で。
さらに驚くことに、この状態を撮って約2時間後

ゴーヤ7

下半身の表皮が、ヒビ割れたとこからボロンボロンはがれてきてた!
ので、思い切って割ってみました。
なんともうタネが熟してます。

ゴーヤ8

この間、テレビの「やさいの時間」で
このタネのまわりの赤い果肉が甘くておいしいと言っていたので
ちょっとなめてみた。
・・・甘いことは甘い。
でも積極的に食べたいほどじゃない(笑)
甘いもののない時代なら貴重だったかも。

この後、一応果肉をきれいに洗い落してタネをとっておくことにしました。
中のタネもそこそこ熟してるように見えるけど、テレビではもっと
実の内側まで真っ赤でベタベタに熟していたので
芽が出るほどのタネに育ってるかどうかは、まいてみないとわからない。

ゴーヤ2

・・・一応、もうひとつ遅れて成ったほうが
これくらいまで育ってるんだけど・・・
黄色くなっちゃったほうは、長さがもっと長くなるかと思って
待っていてタイミングを逃したので
これもまだぜんぜん短いから、どこまで待ったらいいのかわからんなあ(汗
時期的にはもう遅いので、あきらめて明日ぐらいには収穫したほうがいいか??

ま、最終形態の赤いタネまで見れたので
栽培の楽しみってことでは充分満喫できたけどね(笑)
来年はせめて、「食べたいもの」を選んで
もうちと真剣にやりましょう・・・


テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

多肉畑リニューアル2
エケベリア畑

ていうか、前回これもいっしょに載せようかと思ったのだけど
写真が加工してなくて時間がなかった。
夏の庭を作ったときの、エケベリア畑。
これは7月前半頃で、だいぶ大きくなって混みあってきて
そろそろやばいかな~~いやでもまだ作ったばっかだし、もうちといけるかな~~~
なんて毎日ちびちび向きを変えたりしながらだましてた頃ですね。
やっぱりこれだけ鉢が大きいと、陽当たりに差ができてしまって
陰になるほう(奥の側)にあったのが徒長してきちゃいました。

結局これも、下葉が落ちてきたので全部掘り上げて乾かしてリニューアル。
「静夜」だけ残念ながら手遅れだったけど、他のもまだ安心はできない。

明日は1日いい天気らしいので、何か写真が撮れるといいのだけど。
[READ MORE...]

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

多肉畑リニューアル
多肉畑5

・・・と言いつつじつは、↑これは前のリニューアルのときの写真。
今年の6月。
冬の間に荒れてしまったのを春に整理して、やっと調子が出てきました!
って書こうと思って撮っておいたと思われ(笑)

ここからさらにかなり大きくなったのだけど、やはり先月後半の豪雨攻めで
いくつか雑菌に汚染され弱りかけてきてしまったので、
もうこの長プランターでのまとめ植えは、ここでやめることにしました。
まあ・・・どう見ても多肉には良い育て方じゃないもんなあ(汗
深すぎて土が多すぎるから、なんぼ多肉用土使っても
雨に当たったりするといつまでも水分が抜けないんですよね。
そのわりには元気に生き残っててくれたほうだこの子たち。

写真はわりと撮ってるわりに記事にはあっぷされてないなあと思ったら、
そういえば、元々はブログのカンバンの写真を撮るために
横長の寄せ植えがほしくて作ったものだったということを思い出した(笑)
我ながら、なんて頭の悪い・・・・・・

やっと古土の再利用のための乾燥・殺菌が終わったので
晴れてるうちにと、今日少しだけこの子たちとセンペルたちの植え替えをしました。
当たり前だけど今度はこれよりは小さめの鉢で(笑)しかも半分以上軽石で上げ底して
土の量はギリギリ最低限にしてみた。
でもまだ根付くかわからないので(植え替えたとたん死ぬこともある)
写真はある程度安定してからでないと。
成功するといいなあ。

[READ MORE...]

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

ミニバラ(名称不明)
ミニバラ濃ピンク2

・・・つうわけで、品種名はわかりませんが今は亡きミニバラ(笑)
いかにも「お花屋さんの店頭で、女の子のプレゼント用に売ってるやつ」
ってかんじですね。

ミニバラ濃ピンク1

こういう細身でこまか~く枝分かれしてるのは、ほぼ100%
花が終わったら株も終わり。
それでも、けっこう大株だったから、もしかしたら丈夫かも??と
花後切り詰めたりとそれなりの世話は焼いたんですが・・・。

今まで自分で買ったのは、いつも処分品みたいのばっかだから
「それで弱かったのかも・・・」という推測も成り立ってたんですが(笑)
これはどうみても、「それなりの品の、一番いい状態」だもんなあ。
何が悪いのかいまだにわからん。
前のベランダは条件もかなり悪かったと思うが、
引っ越してからも一度細身のミニバラの処分苗を買ってきたんだけど
(それもバラ的にはけっこういい季節に)
やっぱりだめだったしなあ。

ミニバラ濃ピンク3

それでも、こういう画像をへたに残しといたりすると
またフラフラと手を出しちゃったりするのよねん(笑)
バラにとってはじつに迷惑な人間ですな。




テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

カラー
カラー黄1

そういえば・・・切り花とか、出先で見かけた花とか
自分で育てたもの以外もときどき撮影しているのだけど、
なんとなくブログに載せるきっかけがないまま
未加工のままでけっこうたまってました。
そうか・・・「ネタがないとき用」にはうってつけだよなそういえば(笑)

これは2007年の誕生日に実家の親が
花キューピットで送ってきた中に入ってたやつです。
鉢植えが4~5個も入ってて、みごとに全員色も品種も好みじゃないものばかり(笑)
このカラーと、濃いピンクのミニバラと、ピンクの胡蝶蘭(!!!)と
あとオカメヅタと・・・何かあったかな。憶えてません(汗
送り主たちは、実物を見もしないでバクゼンと
「何歳ぐらいのムスメが好みそうなもの」みたいなかんじで頼んだらしいです・・・
昔から、わたし個人の好みなどはいっさい理解せずに
「何歳ぐらいのムスメはこういうものを好むはず」とか
そういう基準でしか、ものを選べない人たちではあるんだが。
・・・「これはもらっても喜べない」と言ってもまず通じないことは間違いないので
一応普通にお礼は言っておきました(笑)

カラー黄2

とりあえず胡蝶蘭は、アシさんぐらいしか来ないうちに置いといてももったいないので
わりと来客の多い大家さんのところにあげて、
残りはなんとかもたせようと、一応の努力はこころみたのですが
やはりというか(笑)これとミニバラは、花が終わったとたん
いさぎよく討ち死にしました!
ただでさえサトイモ科苦手だっちゅうに、こんな高そうなもんど~~しろってんだ。
オカメヅタだけはかろうじて今もって生き残ってますが。
くれぐれも、今後くれるならせめて切り花にしてくれと頼んでおきました
(わたしの好みのものとか手に負えるものをと言ってもどうせ聞くわけないから)
・・・切り花ならもう切られた瞬間から死ぬ運命をたどってるわけだけど、
根付いてるものが死んでいくのを見守るのはどうにも気分が悪い。

というわけで、次回は
やはり若くして無念の討ち死にをしたミニバラの
生前の雄姿をおとどけします(笑)←悪趣味なブログだな・・・


テーマ:我が家の花々 - ジャンル:趣味・実用

シェードガーデン
シェードガーデン2

なんとかしたいと言っていた、敷地の端の南天の木の周辺です。
どーにか・・・思い描いていた図には近づいたかな。
このエリアは花が咲きにくいので、見事に葉っぱだけです。

ピレア1

100均で買ったピレアの寄せ植え。・・・鉢のほうが高い(笑)
ニトリで見つけた、ふちが透かし彫りになってる鉢なんですが
ベビーリーフがこんなに垂れたらわからない(笑)

鉢台は、アイアンのちゃんとしたのを買おうか迷ったんですが
どうせ植物を載せてレイアウトしたらほとんど見えなくなるだろうなと、
100均の枠だけのプランタースタンドに、同じく100均の「焼き網」を(笑)
さらに100均の(しつこい)結束バンドで固定しました。
設置して2日ほどでもう焼き網にサビが出始めて、なかなかいいかんじです。

上と下のオリヅルランは、例のトイレ用の。
ミニ鉢のオブジェは、例のボンドづけチビサボたちが入っていたものです。

レックスベゴニア1

こちらは先日の長プランターのコリウスを、両端1本ずつだけ残して抜いて
レックスベゴニア2種と、拾ってきた(!)ポリゴナムを入れました。
ポリゴナム、田畑の多い地帯ではけっこう野良化して道に勝手に生えてるので
(元は畑の持ち主が植えたものなんだろうけど・・・)
端っこ5センチぐらいこっそりもらっちゃった。
どんどん増えるので、地べたに根付いちゃわないように気をつけないと。

レックスベゴニアはちょっと日焼け気味かも・・・
これは観葉植物だけど一応、花も普通のベゴニアの花が咲くらしい。
この場所ではどーかな~~。

シェードガーデン1

全体像。
右端はギンモクセイと、根元にいそうろうのおぼろ月。
冬には撤収しなければならない品種がほとんどだけど、
まあしばしの間はこのエリアも楽しめそうです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ゴーヤ
ゴーヤ花2

ゴーヤ~~よい子だねんねしな♪

↑・・・だって今思いついちゃったんだもん。

なんかいろんなブログやテレビで野菜栽培の話をしているのを見て
触発されて、何か作れるものないかな~とホームセンターに苗を見に行ったら
安売りしてたのがこれだけだったという理由で
たいして食べたいわけでもないのに買われうちで育てられるはめになった
ありがた迷惑なゴーヤくんでございます。
ちょうど見に行ったのが苗の出回りの端境期で、入れ替え前だったと思われ
育て始める時期としてもかなり遅くて、育たないかもなーと
少なくとも収穫はまったく期待しないでおこうと。
そんなかんじでじつにいいかげんに始めた栽培なのですが

ゴーヤ花1

そんな人間の身勝手さなどものともしないな南国出身は・・・。
2メートルぐらいの高さまで張ったネットのトップまであっというまに這い上がり、
最初6号くらいの鉢で地べたに直置きしてたんですが
こりゃやばいかも、と鉢を持ち上げてみたら
すでに底穴からはみ出した根が「ベリベリッ」と(汗
あわてて9号鉢を買って移し替え、鉢の下にもレンガを敷きました。
移し替えの時にたっぷり肥料を入れたのだけど、
花はじゃんじゃん咲くけどみんな首が落ちてしまっていっこうに実がならない。
何がだめなんだろうと手引書を何冊も読んだら
「数日おきにどんどん肥料を追加する」とか
「人工授粉したほうがいい」とか、「今さら!?」みたいな情報が出てきまして。
↑ほとんどの本には、「丈夫だからほっといても成る」みたいにしか書いてないんすよ。
で、
あ~そ~、そこまで手間かけなきゃいけないんならもういいよ最初から期待してなかったし。
と、もう花とツルを枯れるまで鑑賞するだけでいーやとすっかりあきらめていたところ、

今朝、とんでもねえところに実がついているのを発見(笑)

うちのベランダって、2階のベランダの支柱が両端と真ん中の計3本立っていて
その1本1本に雨水を流す筒がくくりつけてあるのだけど、
その柱と筒との数ミリのすき間をくぐって伸びたツルの先、
つまり柱と筒の向こう側になってちょうど見えない位置に
ちゃっかり10センチほどのゴーヤができてやがりました・・・
気づかねえよ!!!
ていうか、位置的に足場がないから写真も撮れねえよ!
けっこう幅1メートルぐらいにネット張ってあるのに
なんでぜんぜん関係ないところに成るかな・・・

ついでに同じツルの、もっと手前の部分にもできたばかりのちびゴーヤを発見。
このまま不幸なアクシデントがなければ、最低2本は収穫できそうです。
・・・まあ、そんなに毎日食べたいようなものでもないしね(笑)
とりあえずしろうと園芸家としては、完成形まで見届けられればひと安心。

忘れなければ、収穫のときにでも写真撮りましょう。

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

ポーチュラカの寄せ植え
寄せ植え20081

先日のコリウスをバラしてどうにかしたかったので
秋向きの植物を買い足して、雨の合間に寄せ植えをいくつか作ってました。
これは先日間違ってアマリリスと書いたグラジオラス(笑)を移してきて
コリウス2種とポーチュラカ3種を合わせました。
天気がいまいちなので色が良くないですが。
バランス的には気に入ってます。・・・でもグラジオラス咲かずに終わるような気がするけど・・・。

ポーチュラカ淡ピンク1

やたら花つきのいい大輪ポーチュラカの淡ピンク。
・・・1輪だけミニバラがこっそりまぎれてる(笑)これは別の鉢の。

ポーチュラカ濃ピンク200

こちらは中輪の濃ピンク。
もっと牡丹色みたいな鮮やかな色なのに、どうも濃い赤系はカメラが拾いにくいらしい。
どのモードで写してもこんなかんじ。
天気のいい時はいい時で白く光っちゃうし。

もう1種類は八重咲きのピンクなのだけど
買ってきてすぐドバッと咲いてしまったからか、今はお休み中。
3種咲きそろって、ついでに向こうのバラと手前のマツバボタンとネメシアも
全部咲いた状態を見れる日は、はたして来るのでしょうか~~。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。