ハコニワ
極狭小&極貧乏ベランダ園芸日記。
プロフィール

山田理矢

Author:山田理矢
絵描き・彩の国生息。
メインサイト:DOKUPARA
猫ブログ:ねこふざけ。



FC2カウンター

カウント開始:2011年5月末



カテゴリー



月別アーカイブ



最新コメント



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハオルチア/宝草錦
宝草錦1

これも2008年の写真。
斑入りの宝草。
むっちりパツパツでけっこう大きめです。
どういう意味での「宝」なんでしょうね??
お値段的にはお手頃の普及種です。
デカくて可愛げがないので考えたこともなかったけど、
こうやって写真で見ると、そういえば「雪の華」の巨大版という感じもしますね。

宝草錦2

今現在は、親株からはほぼ斑が見えなくなってしまって
(例によって絶賛葉焼け中のため、正確には確認できないんですが)
その代わり、根元から出た子株に全体的にいいかんじの斑が入ってます。
ていうか、この写真で見ると親株は元々下のほうにしか斑が入ってなかったのね・・・

「斑をきれいに残す」ってことを、少しは意識して育てたほうがいいかも(汗

ちなみに、これと、もっとむっちり肉厚タイプの「だるま宝草」は持っているのに
気がついたら、ノーマルタイプの宝草は持ってないんでした(笑)


◆ブログランキング参加中!1パソコンから1日1クリック有効◆
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
ハオルチア/祝宴
祝宴2

データについてる記録が2008年11月となっているので
更新途絶える直前に撮って、上げずじまいだった写真ではないかと思いますが・・・

一応ブログ内検索では出てこなかったので上げますけど
既出だったらごめんなさい(汗

斑が入ってないほうの「祝宴」です。
ネットで斑入りの「祝宴錦」のほうを先に見かけて
なんて美しいんだろう!とずっと気になっていた品種。
結局両方ゲットできたけどどっちが先だったかはもう憶えてません。
えーまー、この図のとおり(笑)やたら殖える奴です。
しかも、その名のとおり(?)葉がやたらと踊り狂うので
群生させとくと場所食ってしょうがないという。

祝宴1

乾燥させてから鉢増ししたらバラけてしまったので
今はここまで大家族ではありませんが。
葉先のチョロ毛が「舞い踊り」感を強調させますなー(笑)
よくぞこんなおめでたい名前をつけたもんです。

でもって、一般的に弱いとされる斑入り種も
他の品種の斑入りよりはそうとう丈夫みたいです。
今は蒼竜洞の記事で書いたとおり、ガンガンに日焼けさせて赤くなっているので
いずれ色を戻してからお見せしたいと思います。
ハオルチア/蒼竜洞
蒼竜洞2

さてー
これまた超・超・超久々のハオルチア紹介。
蒼竜洞です。
例によって不勉強ゆえ親がなにだかとか何系だとかどこ産だとかは存じませんが、
大きさと窓の形なんかはバディアというのに近い気がします。
けっこう大きめ。

蒼竜洞1

その名のとおり、青みがかなり強いです。
でもって、あくまで手持ちの中ではですが、ひとつ際立った特徴が。

他の品種と同条件で日差しにさらしても、
これだけが、赤黒い葉焼けが出ないんです。

今現在、放置状態からの回復をこころみるべく
ほぼ全品種とも遮光せずガンガンに焼いてるんですが(笑)
トレイの中で、これだけが目立って蒼いです。
それだけ、焼けに負けないぐらい青の色素が強いってことなんでしょうか。
この灰味がかった深いブルーがとても気に入ってます。

ハオルチア/オブツーサ
オブツーサ7

またちょっと間が空いてしまいましたが
写真の整理が追いついてないので、とりあえずこの間のオブツーサの撮り直し分でも。
やっぱこういう“粒”感というか“プリ”感が出てないと(笑)
オブツーサはつまらないですね。

オブツーサ6

まだちょっとこれでも間伸び気味かな。
単純に葉先がプリッとしてればいいような気がしてしまうんだけど。

玉露1

こちらは別の株です。
じつは「玉露」名で入手したもの。
前にこれの話したような気がするなあと思ってたらやっぱりあった
前から「玉露」という名のオブツーサのことが気になっていたのだけど、
いまだに「そういう名前の品種がある」のか、
「単なるオブツーサの別称」なのかわからない。
なんでかというと出回ってる値段に差がありすぎるからで、
高いのを見るとどうしても「何か特別な交配種なんだろうか」と
しろうとは思わずにいられないわけですよ(笑)
んでもこれはめちゃくちゃ安かった。500円したかどうか。
まあヤフオクでしろうとの趣味家の方から買ったので、
単にその人が聞きかじりでそう呼んでいたただのオブツーサ、ということも考えられる。
一度徒長したせいで、だいぶ上のとは個体差が出てきたけど
(葉焼けの色付き具合いとかが)
入手当初はほんとに見分けつかないぐらいそっくりだった。

・・・じつは、今回ヤフオク出品した中にあった「オブツーサ」のうち
いくつかはこれの子供です(笑)
落札された方、まあ見てないと思うけど
思いがけず「ほんとは高級種」とかだったらラッキーです(笑)

トルンカータ2

あ、こんなに中心部に寄ったら見分けがつかない(汗
これはトルンカータです。
なんとか徒長させずにモリモリプリプリにさせたいもんですが~。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

ハオルチア/オブツーサ
オブツーサ5

やっっっと徒長から復活してどうにかお見せできる姿になったので、
超・久々にオブツーサ。
でもまだ外側にびろびろしてた名残りが(汗
一度伸びちゃうとどうやっても戻るということはないので、
内側が育って枯れ落ちるのを待つしかないんだよね。長かった!
ただいま絶賛大群生中。もりもり山にしてみたい。

トルンカータ1

こちらは丸粒タイプのトルンカータ。
入手してから1年ぐらいずっと、こじんまり~としたままほとんど動かなかったのだけど
引っ越してこの縁側に置いてから、みるみる倍ぐらいになった。
いや本当はこじんまり姿のほうが正解なのかもしらんけど(笑)
徒長部分以外はカッチリしてるから、うちではこれでよしとする。
写ってないけど子吹きもしてるし。
せっかくだから、もうちとプリプリ感のある写真が撮りたかったんだけどな~

ハオルチア20084

三角窓は、徒長した組としなかった組にはっきりわかれました。
前も書いたけど、意外に血筋のはっきりした「お値段高かった系」が大丈夫だった。

ハオルチア20083

斑入りやウロコ系も、ダメかと思ったけど無事育ってます。
こんなにあると、どれにスポット当てたらいいかわからんのだけど(笑)
少しずつかっこいいのをみつくろってお見せできたらと。

そういえば、春からずーっとここに置きっぱなのだけど(夏は遮光はしてた)
毎年あれだけ悩まされてたワタムシの被害が、今年はほとんどありませんでした!
よっぽど奴らの好まない環境なのか。
でもそんなにカラッとしてるわけでもないんだけどな~??


ヤフオク、ぼちぼち入札いただいてますが
意外にエケベリアのめびなが不人気です(笑)
親株の写真が出せないのが心苦しいですが~。
かわいくて小さめ好みの方は、今がチャンス!かも。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。